メリー・花まつり

花まつり

5、6歳のころ 「花まつり」に参加したことがある
「花まつり」とは お釈迦さまの誕生日(4月8日)を祝う仏教行事で
生まれたばかりのお釈迦さまの姿を表した誕生仏に
甘茶をかけて祝うというもの

まだ幼かった私に お釈迦さまという存在の理解は難しく
「面識はないが存在は知っている有名人」という括りでいえば
サンタクロース氏の方が断然 親近感 好感度は上だった
世間の認識もまた然り 一般的なカレンダーを見ても
「クリスマス」の記載はあっても 「花まつり」は滅多に見ない
日本の宗教は 仏教 神道が大多数を占めているというのに…
いやはや 謎すぎる現象である
「花まつり」をもっとメジャーな国民的行事にできないものか
それにはやはり サンタクロース氏のような
広告塔的役割を果たす シンボルが必要なのではないだろうか

子供に好かれる可愛らしいキャラクターイメージ
会えそうで会えない絶妙な距離感の演出力
世界中の子供たちにプレゼントを届ける驚異的な体力と資金力
赤鼻のトナカイ的物語性のある便利な移動手段の妙手

これらの条件に当てはまる逸材は… おそらく
日本にはいない

  

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する